スペインは歴史の街。紀元前3,000年ころアフリカから渡ってきたイベロ族、その後フェニキア人、北からのケルト人、ローマ人、ゲルマン諸族、そしてイスラム勢力の拡大とともにやってきたベルベル人。多様な民族の混合は、長い歴史の中でこの国独特の文化・風俗・習慣を生みだし、人間模様を織りなしている。
このようなスペインの多元的であり多様な歴史は、今でも街のあらゆるところに壮大なドラマを秘めて残されている。スペイン各地に残されている『古城』を訪ねると、この国のもつ入り組んだ複合性を垣間みることが出来るでしょう。
●建設年代:起源は10世紀頃。ただし、現存するものは12〜16世紀。
●保存状態:塔と城壁のみ。
●見学:城壁の内部は見学不可(多分何も残っていない)。
●アクセス:N-IIIマドリッドから約90km地点→CU-720で6km
●周囲のみどころ:ここまで来たら、修道院を覗いてみるべし。ルネッサンス、エレーラ、バロックと、様々な建築様式が用いられ、「ラ・マンチャのエル・エスコリアル」とも呼ばれる美しい建物。16世紀からサンティアゴ騎士団の総本山であり、現在は神学校として利用されている。パティオの井戸は、昔のアルカサルの貯水槽を利用したものかも。入口で守衛さんがパンフレットをくれるので、これを見ながら自由見学。ただし、見学できるのは一部。
サン・フランシスコ修道院:お城への入口となっている。回廊のお城側にある礼拝堂に残る壁画が面白い。タイトルは「死者の踊り(15世紀)。骸骨を囲んで、王侯たちが手を取ってサルダーナでも踊っているように見える。壁画に見られる音符と文字はグレゴリオ聖歌の一節。
*カルリスタ戦争:フェルナンド7世の娘イサベル2世と、弟カルロス(5世)の王位継承争いに、自由主義勢力と絶対王政擁護派の対立が結びつく。カルロスを担いだ絶対王政擁護派は、自由主義政府に反発するバスクやマエストラスゴの教会・土地貴族・農民や、ナバラ等のフエロ擁護派など様々な社会層を取り込んだ。19世紀に3回のカルリスタ戦争が起こった。

第15城 ウクレス( Uclés/クエンカ)
 
お城の起源は、イスラム教徒支配の時代。1085年、トレドがレコンキスタされ、トレド南部の諸要塞がアル・ムタミッド(セビーリャのアッバード朝)からレオンとカスティーリャの王アルフォンソ6世に譲渡されると、トレドの覇権を争って、キリスト教徒軍とイスラム教徒軍の戦闘が繰り返されます。その1つが1108年5月のウクレスの戦い。
ムラービト朝アミールのアリー(ユスフの息子/コンスエグラ参照)の弟、ターミン率いるイスラム教徒軍は、27日ウクレス到着。翌日にはカスティーリャから援軍も駆け付けます。援軍の中には、アルフォンソ6世の子サンチョと、王の寵臣ガルシア・オルドニェスが含まれていました。おそらく29日、夜明け前に始まった戦闘の形勢は、すぐにイスラム陣営に傾き、キリスト教徒軍には相当な死者が出たことが記録されています。11〜12歳だったサンチョも戦死。トレドのヒメネス・デ・ラダによると…戦いの最中、馬が負傷したと言って助けを求めるサンチョ。助けようとしたガルシア・オルドニェスは自らも傷つき、王子を自分と盾の間に抱え込みながら防戦するも、力尽きてサンチョの上に倒れ込んだ…。ただ、彼は、サンチョがここで死んだとは書いてなく、イスラム教徒側の史料にも、敵の要人の遺体を数え上げているのに、サンチョの名だけはない。では、サンチョ王子はどこで死んだのか? 部下とともに戦いの場を逃れ、シエテ・コンデス(7人の伯爵の意)あるいはシクエンデスなる場所で追っ手により殺されたとの説あり。16世紀まで、ウクレスのすぐ近くにサンチョの死を悼む十字架があったとの記録あり。で、真相は闇の中。
サンチョの母は、サイーダという元イスラム教徒で、改宗してイサベルと名乗っていた女性です。庶子とはいえ、唯一の男の子に王位を継がせるつもりでいたアルフォンソ6世の落胆は大きかったことでしょう。王も1年後に他界します。結局、王位は娘ウラカを経てアルフォンソ7世へ。ついでに、庶子テレサとブルゴーニュ公の息子エンリケの間に生まれたアルフォンソは、ポルトガルの初代王アルフォンソ1世となります。
12世紀、この辺りを最終的に平定したアルフォンソ8世が、ウクレスの要塞をサンティアゴ騎士団に与えると、彼らは要塞を強化し、16世紀、要塞内の宮殿(アルカサル)のあった場所に、修道院を建設します。かつての要塞の面影を残しているのは、修道院の並びにある塔と城壁。丘の裾野には、幾重にも張り巡らされた城壁の跡も残っています。

小林真紀

フラメンコ イベントガイド ショッピング 旅行 グルメ  音楽 ビデオ 留学 住まい 求人
 ワイン 映画 スポーツ お城 ニュース スペイン屋について お問い合せや質問 リンク
copyright(c)2004 spain-ya. All rights reserved.