スペインは歴史の街。紀元前3,000年ころアフリカから渡ってきたイベロ族、その後フェニキア人、北からのケルト人、ローマ人、ゲルマン諸族、そしてイスラム勢力の拡大とともにやってきたベルベル人。多様な民族の混合は、長い歴史の中でこの国独特の文化・風俗・習慣を生みだし、人間模様を織りなしている。
このようなスペインの多元的であり多様な歴史は、今でも街のあらゆるところに壮大なドラマを秘めて残されている。スペイン各地に残されている『古城』を訪ねると、この国のもつ入り組んだ複合性を垣間みることが出来るでしょう。
●建設年代:10世紀頃。14世紀以降大幅に改築され、オリジナルはほとんど残っていない。
●保存状態:城塞は輪郭が残る。市壁は完璧に保存されている
●見学時間:冬10:30〜18:30夏10:30〜19:30
休み1月1日、12月25日
●アクセス:カステリョンからN-340−サン・マテウ村、ケロール(Querol)峠経由(ケロール峠は、冬は雪による交通止めが多い。交通情報を確認のこと)サラゴサからN-232。カステリョンからバスも出ている(TEL:964-220536)。
●ツーリストINFO:964-173032(C/San Miguel)
●周囲のみどころ:サンタ・マリア・ラ・マヨール教会:13世紀アラゴン王国によるモレーリャ征服直後に、モスクの跡に建設されたゴシック教会。ゴシックの装飾が美しい聖歌壇の後部上方には、「最後の審判」と題され、精巧な小さな彫像が並んでいる。その下の幾何学模様の中央には、お城をかたどったモレーリャの紋章もちゃんとある。
サン・フランシスコ修道院:お城への入口となっている。回廊のお城側にある礼拝堂に残る壁画が面白い。タイトルは「死者の踊り(15世紀)。骸骨を囲んで、王侯たちが手を取ってサルダーナでも踊っているように見える。壁画に見られる音符と文字はグレゴリオ聖歌の一節。
*カルリスタ戦争:フェルナンド7世の娘イサベル2世と、弟カルロス(5世)の王位継承争いに、自由主義勢力と絶対王政擁護派の対立が結びつく。カルロスを担いだ絶対王政擁護派は、自由主義政府に反発するバスクやマエストラスゴの教会・土地貴族・農民や、ナバラ等のフエロ擁護派など様々な社会層を取り込んだ。19世紀に3回のカルリスタ戦争が起こった。

第14城 モレーリャ(Morella カステリョン)
後編:マエストラゴの虎

お城は軍事建設ですから、その歴史は戦いの歴史とも言えるでしょう。モレーリャのお城にも、凄惨を極めた戦争の爪痕が残っています。18世紀の王位継承戦争では、兵営内の火薬庫に雷が落ちて、城の西側部分が壊滅的な被害を受け、19世紀初頭の対仏独立戦争では、仏軍の攻撃に加えて、モレーリャ解放に駆けつけた地元軍の大砲がセロキアの塔を破壊し、カルリスタ戦争では、ここを拠点としたカルリスタ軍を政府軍が何度も包囲…。城壁には無数の弾丸の跡が残っています。
さて、「マエストラスゴの虎」ことラモン・カブレラ(1806〜77)は、トルトサ出身の軍人。1833年に始まった第1次カルリスタ戦争(*)でカルリスタ軍に加わり、徐々に頭角を現していきます。1匹狼で、軍内部での主導権を握るべく、スタンドプレーに徹していた感がある。バスクにあったカルリスタ軍総司令部も手を焼いたようです。とはいえ、戦いとなると滅法強くて、レバンテ地方で功名をほしいままにしていました。そんな折…36年1月、トルトサ方面に打って出たカブレラの軍は、征服した2都市の市長を銃殺します。政府側のトルトサ執政官は、翌月、政府に対する陰謀に加担したかどで、カブレラの母親を逮捕、銃殺。「反逆児カブレラを産んだのが罪と言うのなら、祖父がもう生きていないのは残念だ。先祖までさかのぼれば制裁はもっと確実だろうに!」とは、同時代の批評家ラーラの台詞。カブレラの残虐ぶりは語り種になりますが(政府軍の宣伝もあったのでしょうが…)、母親銃殺も影響していたのかもしれません。肖像画を見る限り、深い皺が刻まれた細い顔に、黒々とした口髭をたくわえ、視線は鋭いけれど、冷たい感じはしない。山賊の頭目を思わせる風貌です。
38年、カブレラは、22年から政府軍の手にあったモレーリャを襲います。強固なモレーリャ城を、正々堂々と陥落させることはほとんど不可能。ここを攻め落とそうとした武将たちは、あれこれと戦略を練る必要がありました。例えば、エル・シッドは、城の周りを焼き尽くしてしまったとか。アラゴン王家の忠臣ブラスコ・デ・アラゴンがサラゴサのイスラム教王国からモレーリャを奪った時も、周りのイスラム教王国が協力したのだとか。カブレラも、夜陰に紛れて市壁の警備兵を殺し、内側から門を開いて自軍を招き入れたといいます。 39年、政府とカルリスタ軍総司令部の間で和平が結ばれ、一応、戦争終結。40年、政府軍勝利の功労者、エスパルテーロ将軍が直々に指揮を執った包囲戦の末、最後に残ったカルリスタの砦モレーリャも陥落します。カブレラは、フランスからイギリスへと逃れ、そこからカルリスタ勢力を支援していました。

小林真紀

フラメンコ イベントガイド ショッピング 旅行 グルメ  音楽 ビデオ 留学 住まい 求人
 ワイン 映画 スポーツ お城 ニュース スペイン屋について お問い合せや質問 リンク
copyright(c)2004 spain-ya. All rights reserved.