スペインは歴史の街。紀元前3,000年ころアフリカから渡ってきたイベロ族、その後フェニキア人、北からのケルト人、ローマ人、ゲルマン諸族、そしてイスラム勢力の拡大とともにやってきたベルベル人。多様な民族の混合は、長い歴史の中でこの国独特の文化・風俗・習慣を生みだし、人間模様を織りなしている。
このようなスペインの多元的であり多様な歴史は、今でも街のあらゆるところに壮大なドラマを秘めて残されている。スペイン各地に残されている『古城』を訪ねると、この国のもつ入り組んだ複合性を垣間みることが出来るでしょう。
●建設年代:主に1294-1307。半島を取囲む城壁は、16世紀後半フェリペ2世が建設を命じたもの。
●保存状態:修復済み
●見学時間:春(聖週間から)秋9:00-20:30/夏季(6月中旬から9月中)10:00-14:30, 17:00-21:30、(観光シーズンにはガイド付き見学あり)/冬季(10月中から)10:00-13:00, 15:15-18:00/閉館は1/1-6、9/9、10/9、12/25(データは99年のもの)
●ツーリストINFO:964-480208/ペニスコラ城INFO:964-480021
●アクセス:N-340またはA-7でバレンシアから約160km。カステリョンから約75km。ベニカルロ-ペニスコラ出口から6km。
●周囲のみどころ:カステリョンからペニスコラに至る海岸線には、ベニカシム、オロペサに円筒形の見張り塔あり。海に突き出たオロペサの展望台からは海岸線を一望。運が良ければ北にペニスコラ、東に無人島(Islas Columbretes)がかすんで見える。海岸線から少し内陸に入った山間には、イスラム教徒の要塞跡(アルカラ・デ・チベルト等)もあるが、アクセスに難あり。次回に紹介するモレーリャも、ペニスコラからの遠足にもってこい。

第13城 ペニスコラ(カステリョン)


まるで豪華客船のような、海のお城。
ペニスコラのイスラム教徒の要塞がレコンキスタ(再征服)されたのは、アラゴン=カタルーニャ連合王国ハイメ1世(在位1213〜76)の時代。その後、テンプル騎士団などの手を経て教皇直轄地となります。ここで、サラゴサ(イリュエカ村)生まれの教皇ベネディクトゥス13世、通称パパ(教皇)・ルナ登場。有力貴族ルナ家の出身で、本名はペドロ・マルティネス・デ・ルナ。14〜15世紀、西方教会大分裂時代のことです。
1377年、教皇庁がアヴィニョンからローマに戻り、60余年に及ぶ「教皇のアヴィニョン捕囚」が終結したのもつかの間、イタリア人ウルバヌス六世が教会改革を強行すると、教皇庁に力を保っていたフランス勢力や教皇に影響を及ぼしたい諸王国が反発。フランス人クレメンス七世を選出し、アヴィニョンで就任式を行います。ローマのウルバヌス六世も譲らず、教皇権は分裂。パパ・ルナは、クレメンス7世死後にアヴィニョンで教皇に選出されました。ところが、アヴィニョン側だった諸勢力が支持を取り下げ、一斉に教皇権再統一に動き出したものだから、パパ・ルナは、彼に好意的だったマルティン1世(在位1396〜1410)統治下のアラゴンへ。マルティン1世が跡継ぎなく亡くなると、アラゴン王位継承問題に介入し、フェルナンド1世(在位1412〜16、カスティーリャ王族)即位に尽力。しかし、時代の潮流は教皇権再統一に向かっていた。
1409年、ピサ公会議で、両教皇に辞任させ、新教皇ヨハネス23世の下、教皇権の再統一を目指そうしたものの誰も譲らず。教皇が3人になってしまうという逆効果。11年からペニスコラに居住していたパパ・ルナを、フェルナンド1世はなんとか辞任させようと説得するも、失敗。17年、コンスタンツ公会議で3人の教皇が否定され、マルティヌス5世が教皇に就任。教会大分裂は事実上終結しますが、パパ・ルナは、総スカンを食いながら、毒殺のたくらみもものともせず、23年90歳で大往生するまでペニスコラで教皇を名乗っていました。間もなく、ペニスコラもアラゴン王家に戻ります。
テンプル騎士団が、イスラム教徒のアルカサバ跡に築いたペニスコラの要塞を、パパ・ルナが宮殿要塞に改築しました。パパ・ルナの住居は、城塞入口の塔の上。ここに入りきらない蔵書の管理に頭を痛めたのだとか。暗く小さな部屋の小さな窓から見えるのは、蒼蒼とした地中海。この窓は、教皇としてローマの地を踏めなかったパパ・ルナが、ローマの方角に開けさせたのだそうです。城内の至る所に現われるアザミ(Cardo)の紋章は、要塞建築に尽力したテンプル騎士団のベレンゲール・デ・カルドーナ師、三日月の紋章はパパ・ルナのもの。

小林真紀

フラメンコ イベントガイド ショッピング 旅行 グルメ  音楽 ビデオ 留学 住まい 求人
 ワイン 映画 スポーツ お城 ニュース スペイン屋について お問い合せや質問 リンク
copyright?2004 spain-ya. All rights reserved.