スペインは歴史の街。紀元前3.000年ころアフリカから渡ってきたイベロ族、その後フェニキア人、北からのケルト人、ローマ人、ゲルマン諸族、そしてイスラム勢力の拡大とともにやってきたベルベル人。多様な民族の混合は、長い歴史の中でこの国独特の文化・風俗・習慣を生みだし、人間模様を織りなしている。
このようなスペインの多元的であり多様な歴史は、今でも街のあらゆるところに壮大なドラマを秘めて残されている。スペイン各地に残されている『古城』を訪ねると、この国のもつ入り組んだ複合性を垣間みることが出来るでしょう。

●建設年代:11〜14世紀
●アクセス:テルエルからT-900を40km
●保存状態:城壁は完璧に残る。城跡は廃虚
●見学:城壁は自由。城跡は発掘中につき不可
●ツーリスト・オフィス:C/Diputacion 4 , Tel:978-710251/710253
●みどころ:ユネスコの世界遺産指定も狙う、村全体が歴史的建造物。小さい村ながらカテドラルもある。大きな紋章がファサードを飾る宮殿跡を見ながら村の中を散策するのも楽しい。ハモンやロモも美味。


第8城 アルバラシン(テルエル)―前編―

村に至る道の最後のカーブを曲がると、段々に積み重なるように家々が並ぶアルバラシンの村が突然現れる。これにはちょっと感動すること請け合いです。三方を蛇行するグアダラビアール川に囲まれ、残る一方には小高い禿山がそびえるアルバラシンは、ちょうどトレドとクエンカを併せて小さくした感じ。村を見上げると、右の禿山の上に塔を中心に巡る城壁。12世紀までこの地を治めたイスラム教徒が建設し、後にキリスト教徒が高くしたもので、両者の境目もはっきり確認できます。村の左上方には、岩山と見まがうような崩れた城跡。これはラズィーン家の王宮だったと推測されています。
コルドバのカリフ朝時代から、この地ではラズィーン家というベルベルの一族が力を持っていました。11世紀初頭カリフの権力が失墜すると、この一族の長アブー・ムハンマドが独立を宣言します。当時の資料によると、この王様、非常に評判よろしい。容姿端麗、性格温厚、文芸に秀で音楽を愛でた名君…云々。王の愛妾についても、美しく教養があるうえ武術にも優れ、これほどの女性は他にいまいとべた賞め。華やかな宮廷の様子が伺えます。
二代目王アブー・メルアンの末息子は乗馬が好きで、馬に乗っては近くのセラ(Cella)に通っていました。セラの城塞主にはサイーダという美しい娘がおり、いつしか二人は恋するようになります。しかし、娘をもっと権力のある他国の王に嫁がせるつもりでいた城塞主は一計を案じ「グアダラビアール川の水でセラの地を潤すことができたら、娘をくれてやろう」と提案。無理難題を押し付けて若者の求婚を退けようとしたわけです。アルバラシンの人々は、名君の息子のため昼夜を通して働き、約束の五年が経とうという日、ついにグアダラビアール川の水がセラに届き、二人は結婚。めでたし、めでたし。…と、これは伝説。アルバラシンの水道橋はローマ時代のものです。〈続く〉

小林 真紀

トップにもどる
フラメンコ イベントガイド ショッピング 旅行 グルメ  音楽 ビデオ 留学 住まい 求人
 ワイン 映画 スポーツ お城 ニュース スペイン屋について お問い合せや質問 リンク
copyright?2004 spain-ya. All rights reserved.